化粧品 知っトク情報・資料館

「化粧品 知っトク情報・資料館」では、化粧品に使われている成分をわかりやすくご紹介しています。『素肌美人への第一歩』は、ご自分の肌質・症状・目的にあった化粧品を選ぶことから始まります。貴女のお肌が本当に歓んでくれる成分がきっとみつかります。合わせて「知っ得 素肌美人」もご覧いただくと、貴女のためのスキンケアがより明確なものになると思います。『その年代をより美しく生きる』ために、お役に立てれば幸いです。

フルーツ酸(果実酸混合物)は、ビルベリー(コケモモ)・リンゴ・オレンジ・レモンなどの果実、およびサトウキビの茎やサトウカエデの樹液から水で抽出して得られる酸の総称です。その成分は、グリコール酸・クエン酸・リンゴ酸・乳酸を主に酵素・蛋白質・ビタミン・ミネラルなどを豊富に含んでいます。

ロバのミルク(乳酸)風呂を愛用していたクレオパトラや、顔にワイン(酒石酸)を塗布するのを好んだローマ女性など、古代よりさまざまな形でスキンケアに用いられてきました。フルーツ酸は話題のアルファヒドロキシ酸を多く含むため、保湿効果とともに、角質の角化を正常にする効果があり、肌を滑らかに整える目的の化粧品に配合されます。

07-01kokemomo22-03ringo07-03orange
  ビルベリー(コケモモ)      リンゴ            オレンジ
07-04lemon07-02satoukibe07-05satoukaede
      レモン            サトウキビ        サトウカエデ
 
カテゴリ ∨をクリック

■トップページ



おすすめ漢方化粧品
美健漢方研究所 漢方化粧品