化粧品 知っトク情報・資料館

「化粧品 知っトク情報・資料館」では、化粧品に使われている成分をわかりやすくご紹介しています。『素肌美人への第一歩』は、ご自分の肌質・症状・目的にあった化粧品を選ぶことから始まります。貴女のお肌が本当に歓んでくれる成分がきっとみつかります。合わせて「知っ得 素肌美人」もご覧いただくと、貴女のためのスキンケアがより明確なものになると思います。『その年代をより美しく生きる』ために、お役に立てれば幸いです。

14-02uikikyo ウイキョウ(茴香)は、セリ科の多年草で、ヨーロッパ南部から西アジアが原産です。古代エジプトでは、すでに栽培が行われていたといいます。ヨーロッパでは、ウイキョウの果実をフェンネルといい、魚・肉料理・ピクルスの香辛料に用いられています。わが国では薬用目的に長野県・北海道で栽培されています。健胃消化剤・鎮痛剤として漢方薬に処方されています。

ウイキョウ果実エキスは、果実から抽出して得られるエキスです。抗菌作用、皮膚細胞活性効果があります。また、紫外線による老化の促進を抑制する作用があり、化粧品にも広く使用されています。近年、紫外線障害の修復作用(DNA修復活性を高めて、細胞の突然変異を防ぐ作用)が見出されています。
 
カテゴリ ∨をクリック

■トップページ



おすすめ漢方化粧品
美健漢方研究所 漢方化粧品